JACKET REQUIRED

型通りも、型破りもこなせる大人へ。

カート

閉じる

カートに商品が入りました。

閉じる

お気に入りのご利用には、
ログインが必要です。

閉じる

お気に入りの登録最大件数を
超えています。

  • お手数ですが、お気に入り商品ページから
    削除を行ってください。閉じる

  • 当社限定

商品番号:699-995

ルイ・ファグラン社Louis FAGLIN

ヴィンテージスワロフスキー・タイバー

SOLD OUT - 完売いたしました。

「ヴィンテージのスワロフスキーを使用したタイバー」

19世紀末のフランスで誕生したという、長い歴史と格式を誇るアクセサリーのブランド〈ルイ・ファグラン社〉。栄華を極めた19世紀のフランスの薫りを現代に持ち込んだようなメンズアクセサリーを中心に展開するという珍しいブランドです。カフリンクスやタイバーといったかつて男性を彩っていたアクセサリーの数々を手がけており、最近のアイビー人気の復活にともなって、また注目を集めています。今回お届けするのは、ヴィンテージのスワロフスキーを贅沢に使用したタイバー。1950年代前後につくられたヴィンテージのスワロフスキーは、美しい輝きと時代を感じさせる風格が備わっています。

バー自体はロジウムメッキ加工をした真鍮素材を使い、光沢感が強すぎない鈍色の輝きがヴィンテージのスワロフスキーによくマッチしています。細ラペルのジャケットに台衿の高めなドレスシャツを合わせ、レジメンタルタイにこのタイバーを合わせれば、それだけでいつもの着こなしがグッとクラシカルでエレガントに仕上がります。リングやブレスレット、ネックレスといったアクセサリーに抵抗のある方も、ぜひこんな「男性だけが楽しめる」お洒落を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

ルイ・ファグラン社
1899年設立のメンズアクセサリー専門のファクトリー。ナポレオン3世の時代に貝の産地だったフランス・ゴネス市に工場を置く。1902年、貝殻を利用したカフリンクスを発表。真鍮バーのカッティングから仕上げまでの全工程を一貫して行う工場は、ヨーロッパ広しといえども数少ないという。カフリンクスのほかには、ラペルピン、ペンダントトップなども手掛ける。
More