サージュデクレ

デザイナーである千田仁寿氏が、〈チェント オット〉、〈デザート〉、〈パ・ドゥ・カレ オム〉を経て2001年より始動した〈SAGE DE CRET/サージュデクレ〉。ステッチやジッパー、洋服のラインやフォルム、染めや素材、縫製に至るまで、一枚の洋服における様々な役割について、考え抜かれたワードローブを提案している。また、ブランドの基本概念としてワーク、ミリタリー、トラディショナルこそメンズウェアのベースであると主張。洋服の歴史的な背景や伝統を重んじながらも、既成概念に捕われ過ぎないデザインと、洗練されたギミックを上手く表現している。そのため、高いファッション性を備えながら、どこかリアリティを感じさせるデイリーウェアに仕上がっている。ブランド名は「賢明な、分別のある」を意味する仏語の「sage(サージュ)」と「政令」という意味の「decret(デクレ)」を掛け合わせた造語。