エンジニアド・ガーメンツ

<Engineered Garments/エンジニアドガーメンツ>は、1999年にスタートしたメイド・イン・USAにこだわるアメリカ発信のブランド。デザイナーは”ネペンテスアメリカ”代表であるNY在住の鈴木大器。かつて日本を席巻していたアメリカン・クローズにインスパイアされた、普遍性の高いスタンダードな物作りに取り組む。<Engineered Garments/エンジニアドガーメンツ>の名は、「巧みに設計された洋服」という意味。