これからのスタイリングの主役、旬パンツ“三番勝負”

今年で13年目となるクールビズが5月1日(月)からスタート。9月30日(土)まで、今年も快適に過ごせるビジネススタイルの軽装への取り組みが始まりました。

薄着になると、着こなしの主役はジャケットからスラックスへ――ジャケットリクワイヤードでは、ビジネスパンツの王道ブランド〈INCOTEX/インコテックス〉と、毎シーズン話題のモデルを提供し続ける〈PT01/ピーティーゼロウーノ〉の2大イタリアパンツブランドにフォーカス。

これから活躍する旬パンツの“三番勝負”、ショッピングの参考にどうぞ!

一番勝負:インコテックスの名品番「J35」と「N35」の“ふくらはぎ問題”

〈インコテックス〉といえば「美脚スラックス」の雄。男の着こなしの世界に、“シルエットが気に入ってリピーターになる”という新しいファンを多く作り出しました。
日本人の体型に合わせて開発されたモデル「J35」は、2014年に惜しまれながら廃番になってしまいましたが、当社限定で見事復活。これまで廃番を復活させた前例のないイタリア・スローウエア社では史上初の画期的なことです。

一方、「J35」の後継モデルとして華々しく登場した「N35」は、テーパードパンツ全盛時代に合わせて更に進化。「J35」に比べて裾幅が1cm細く、ふくらはぎ部も細くして、テーパードを強めているのが特徴です。

「J35」と「N35」は、〈インコテックス〉を代表するツートップですが、「J35」を愛用していた人が「N35」をはいたときに直面するのが“ふくらはぎ問題”。
特に学生時代に運動をしていた人や、今ジムに通っている人など、ふくらはぎが太く張っている人は、「N35だと、自分のサイズの1サイズ上がちょうどいい」というほど、「N35」のふくらはぎ部は細く感じられます。

170427_013
写真下が「J35」、上が「N35」。膝下のシルエットの違いに注目

夏向き素材でお好きなフィットを選べるよう、2モデルで同素材を展開

「はいて美しいのは当たり前。高温多湿な過酷な日本の夏に快適にはけるスラックス」としてジャケットリクワイヤードが選んだのが、スーパー100’Sの原毛を使った“トロピカルウール”生地です。

トロピカルウールは〈インコテックス〉の定番素材で、細番手のウールを通気性が高くなるよう平織で織った生地。強撚糸で肌離れが良くさらっとした肌触りで、さらに軽量なのも魅力です。ジャケットリクワイヤードでは「J35」と「N35」でトロピカルウールをラインナップしました。

S100’Sトロピカルウールスラックス/J35」は、グレー、ダークネイビーのビジネスでは定番の2色を、「S100’Sトロピカルウールスラックス/N35」は、ライトグレー、ミディアムグレー、チャコール、ブラック、ネイビー、ダークネイビーの選べる6色を展開。

170427_026
夏のビジネススタイルに最適なトロピカルウールで、「J35」と「N35」のお好きなシルエットから選べるのはジャケットリクワイヤードだけ。
これから迎える盛夏でも涼しいはき心地が味わえる素材感と、きれいなシルエットをお楽しみください。

見えない部分までしっかり作られているので信頼に応えてくれる

当社限定の「J35」と、J35のディテールを踏襲している「N35」は、全身をシャープに見せるシルエットの美しさを支える“見えない部分”もしっかり作られているのが特徴です。
両モデルに共通しているのが、フィッティングを高める前立ての短めの持ち出しと、日本の男性が好むヒップのボタン付きポケット仕上げ。
170427_016
また、身体の動きに対応するテーラーメイド由来のディテールであるベルトの後ろに入った「V字形のカット(Vスプリット)」や、パンツの内側にあるシャツのすべり止めの「マーベルト」、腰周りの動きをサポートする「はかま」、股下の傷みや消耗を軽減し、汗取り効果もある「シック」、フィット感を高める別布仕様の「テング」留め、ベルトのピン通しループ「ベルトピンループ」など、すべてが快適にはくための理にかなったものとなっています。

170427_019
〈インコテックス〉では、「部位によって糸を変えている」というこだわりもあって、ブランドの信頼を1本の糸の選択から支えています。

■ご紹介した商品
〈インコテックス〉S100’Sトロピカルウールスラックス/J35 ¥33,480
〈インコテックス〉S100’Sトロピカルウールスラックス/N35 ¥33,480

二番勝負:ピーティーゼロウーノが解決した、夏の着こなしの“シワ問題”

クールビズから盛夏のスーパークールビズになって、着こなしで一番問題になるのがシワです。汗をかいたまま座ってシワになる、移動やデスクワークで長時間座ってシワになるなど、見た目に直結する“シワ問題”。
そんなストレスを解決するのが、シワになりにくく、クリースがとれにくい素材を採用した〈ピーティーゼロウーノ〉の「トラベラー」です。

170427_030

イノベーションにかける情熱が強い〈ピーティーゼロウーノ〉のモデル「トラベラー」は、 “快適な旅”をコンセプトに開発されたシリーズで、薄くて軽いストレッチテクノと呼ばれる平織の生地を使用。さらに“ウォッシャブル≒乾きが早い”なので、食事の食べこぼしなどのケアや、出張先でのメンテナンスも簡単です。

見た目はサマーウールのようにさらっとした感触で、機能的なストレッチも効いているので、はいて移動しても、ラゲッジに入れて持ち運んでもシワになりにくく、快適に着用できます。

薄着になるクールビズだからこそ、ポケットの使い勝手の良さが味方になる

さらに「トラベラー」シリーズの特筆すべき魅力がポケットの使いやすさ。脇ポケットは2重仕様で、スマホやパスケース、キーホルダーなど重みのあるものは後ろのポケットに入れるとシルエットを崩しません。また、ヒップにはパスポート用ポケットがあり、スマホなどを入れることも可。
「夏になるとポケットが減って困る」というビジネスマンはぜひお試しください。

170427_027

ジャケットリクワイヤードが取り扱う「トラベラー」は、新作の「トラベラー/ウォッシャブルウール混スラックス」と、細身の「トラベラー/ストレッチテクノウール」。
ウォッシャブルウール混スラックスは、アイスグレー、ライトグレー、ミディアムグレー、チャコールグレー、ネイビー、ブラックの6色、ストレッチテクノウールは、ネイビー千鳥、グレー千鳥、ネイビーチェック、グレーチェックの4色をラインナップ。

170427_033見えない部分にも遊び心が。「トラベラー」らしく旅をイメージした裏地使い

ウォッシャブルウール混スラックスは、単品ジャケットのネイビーやグレーなどと相性が良いカラーバリエーションで、ストレッチテクノウールは、単調になりがちな夏の着こなしにアクセントを加えられる柄が特徴となっています。

■ご紹介した商品
〈PT01〉トラベラー/ウォッシャブルウール混スラックス ¥39,960

〈PT01〉トラベラー/ストレッチテクノウール ¥42,120

三番勝負:コットンリネン×ストレッチ素材×EVO 1プリーツの当社限定

オバマ大統領がゴルフのときにはいていたチノパンツとして、世界中のエグゼクティブから一躍注目されるようになった〈ピーティーゼロウーノ〉のカジュアルパンツ。
「コットンリネン×ストレッチ素材×EVO 1プリーツ」という組み合わせの「ストレッチコットンリネンガーメントダイパンツ/EVO 1P」は、ジャケットリクワイヤードだけの限定モデルです。

170427_047ベルトループの1本だけに入っている色と極小のロゴがアクセント

シルエットは、〈ピーティーゼロウーノ〉愛好家にはお馴染みの日本人のフィットに適した“EVO FIT”で、立ったり歩いたりして美しいのはもちろん、移動やデスクワークで座ったときに楽なのも特筆もの。さらに、これから秋冬にかけて注目のプリーツ入りで、7色の中からお好みが選べるカラーパンツです。

ジャケットを着用する機会が少なくなる初夏から盛夏にかけて、パンツのタックはデザインアクセントになり、注目のニットポロなど合わせて、夏場の旬の着こなしにぴったり。
さらに、ベージュ、ミリタリーグリーン、インディゴブルー、ホワイト、ブラック、ブラウン、レッドと揃ったカラーはどれもスタイリングの彩りになります。

170427_043
製品染めで、7色とも手持ちのワードローブに合わせやすい。今シーズンのおすすめはブラック。マットなカラーで、大人の着こなしに最適です。ネイビーが主役になる春夏は、ネイビーのジャケットにレッドを合わせたり、ミリタリーの着こなしにミリタリーグリーンを、秋冬まで長くはくならベージュやブラウンもおすすめ。
春夏になるとはきたくなるホワイトもぜひ一本!

■ご紹介した商品
〈PT01〉ストレッチコットンリネンガーメントダイパンツ/EVO 1P ¥38,880